2015年03月03日

日本商工会議所で、講演しました!

日本商工会議所にて、講演させていただきました。満足度100%!
テーマは、ダイバーシティ。
講演を聴きに来る方は、日本商工会議所会員の中小企業の方が多いのかと思ったら、違いました。
主催が、内閣府でもあったこともあるのか、とにかく全国から。それも、一部上場企業の方、医師、大学教授など、多岐にわたる参加者。皆様に、「ダイバーシティが成長のキーワード」というテーマで、講演をしました。とても・・・▼続きを読む
IMG_4176


とても熱心に聞いてくださいました。質問もたくさん。
大学教授からは、学生達を代表して、具体的な質問もありました。

私のポイントは、「視点のダイバーシティ」です。
なぜクオーター制が必要なのか。
本当に202030は実現するのか。
男性リーダー達の本音は?
ダイバーシティの促進は、どんな効果があるのか。
経営者がすべきこと、働き手がすべきこと。
ダイーバーシティ組織のための訓練方法、

そんなことを話しました。
何年も前から長い間話しているダイバーシティの目的や重要性。
今度本にでもまとめなくては、ね。。。

ということで、フィードバックシートを拝見すると

「多様性と受容性というテーマを、ヘリコプターアイで俯瞰的に気づかされた。CRもコンプライアンスレベルから戦略ステージ、多面的な経営効果にまで、昇華させることの重要性を感じることができた」(神奈川県横浜市、男性、60代、塩嶋史郎さん)

「わかりやすく、背中をおされた気がします。4月から社内初の部長職となる予定の為、少し迷いがあったので、初心にかえりました」(東京都、女性、50代、KSさん)

「”いろいろな角度からモノを見る“という言葉が発せられた時、自分の視点・考え方が一方向なのでは、と気づかされました。ダイバーシティへの取組み、まずは、自分自身の考え方を多様化させること」(東京都、男性、40代)

「耳慣れた言葉でも実際に説明される方の感性でずいぶん聞く立場の人間の受け取り方が異なると思いました。力をいただけた」(東京都、女性、50代、Kさん)

「仰っていることは結構タフなのに、non-verbalには大変ソフトな印象。”「べき」を使わない”等、努力してそうおられると伺い納得。見習いたいと思いました」(千葉県、男性、40代、HDさん)

「組織側だけでなく、個人が行うべき事、I statement(私の考えをまとめて、表現する)も重要だということ。このことをわかりやすく聞くことができた」 (東京都、男性、40代、釜谷明生さん)

「わかりやすく、言葉で平易にダイバーシティの本質を話していただき、良く理解できた」(川崎市、男性、60代、MMさん)

「とても勉強になり、ワーキングマザーとしてポジティブになれ、うれしかったです。やる気になりました!」(東京都、女性、40代)

「考え方や背景はとても考えさせられました。自社での取り組みについて、しっかりと設計して取り組みたいと思います」(東京都、女性、40代、高窪枢美さん)

「昇格の度に、“女性管理職を増やす為”や”将来の幹部候補として”という理由があるようで抵抗を感じておりました。お話を聞くことができて、胸のつかえが取れ、”上げてもらえるのなら、上がって行こう”、”自分が変えていくんだ“という思いで頑張っていこうと思います」(東京都、女性、40代)

「わかりやすく、全てのことにつながるお話が聞けて良かったですシンプルなパワーポイントで自分自身考えながら講演が聴けるスタイルですごく自分自身に響きました」(東京都、女性、20代)

などたくさん。
有り難うございました!

この記事へのトラックバックURL