2007年04月27日

アル・ゴア氏

 今、テレビを見ています。アル・ゴア氏が出演しています。……▼
白熱電球制限の法案、がテーマになっています。不確かな記憶ですが、確か、サクラメント市は、原発に反対するときに、市民ができる電力対策を合わせて作り、取り組んだ自治体だったと思います。家の周りの植樹や、家やオフィスの電球取替えなども指導してきているという背景だったと思います。だからこそ、きっと、そういった法案につながっているのでしょう。
 今日は、バイオガソリンの販売も始まりましたね。私も、いろいろと情報を集めているつもりではありますが、家庭で、日常生活で何をするとエネルギーの節約に役立つのかがしっかり理解できれば、更にどんどん取り入れて、地球市民として貢献したいと思います。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
自分でも話がしつこく自分が嫌になりますが。佐々木様  国民投票法案の具体的内容に関して再度、サーベイをしませんか。
・国民投票法案≠改憲論では、ないのですが。なぜか改憲を前提とした話となり、スタートが違う為ゴールも違う結果になってしまっている。
・議論があくまで、日本に有事が起きないという国民の無意識的な意思のうえで議論されている事。
・藤田さんもそうなのですが、国民投票法案の具体的内容に関して、ほとんど議論されない事。
現法案では、決議後から国民投票まで最短で60日、この間、マスコミなどに規制がかかります。イーウーマン議案について一切の議論が許されないでしょう。
可能であれば、有識者の方から、もっと法案の具体的内容に関して、提案と議論をした方が、良いと思います。法案が成立し何かの議案が改憲されると、後からどれだけ国民が後悔をしても全く意味がなくなります。
Posted by 国民投票法案 at 2007年04月30日 10:08