2006年12月15日

タバコ?

 2兆円で、イギリスのタバコ会社を買ったという日本たばこ。いったい……▼
どういった戦略なのでしょうか。2兆円あれば出来ることが山ほどありそうなのに。JTは、タバコでは企業価値を保てないからと、飲料水や食品の業務を広げてきたのかと思っていました。健康に悪影響があると先進国で売れなくなっている商品を、知識の少ない、人口の多い国で売っていくという戦略は、私は個人的には、好ましいと思えないのです。当然、賛成する意見も多いから、このような経営決断が行われるのだと思いますが。でも、ごめんなさい、私は、今後JTの商品、飲料水などを買いたくなくなりました。深いところが理解できない、単純な反応で、すみませんが。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
 皆様こんにちは。初めて書き込みいたします。
先日我が家の大黒柱も無事に禁煙に成功いたしました。
「結婚したら・・」「子どもができたら・・・」とずるずると約15年費やしてのことでした。

 それにしても2兆円・・・大変な金額ですね。いったいどういう会社なのでしょうか?もしかしたら「タバコ会社」以外に(不動産など保有している資産にということですが・・・タバコ畑も不動産?)2兆円以上の価値があったのでしょうか?(あるいは政治的な背景が?あったりするのでしょうか?)

 ちょっと知りたくなりました。
 
海外の喫煙事情や、歴史的な背景などに興味が持てました。
Posted by moon−face at 2006年12月22日 20:39
私もこの2兆円の動きを知った時、また一つ世界の中での日本のイメージを壊された、と腹が立ちました。
JTの姿勢に対し、もっと疑問の声が大きくなって欲しいです。
特定の社名を出して論ずることへの危惧について、さすがこのサイトのスマートコンシューマーの方々だな、と思いました。親の職業をネタにいじめるという行動を生み出す風潮が間違いであり、病んでいるわけであって、ここにはもう一つ別の問題があるのだと思いました。その点、さるすべりさんの姿勢は素敵です!スマートな、ほのぼのしたお子さんとの会話の風景が浮かびました。

ぜひこれからも、マスメディアやTV番組に左右されない視点をもつためにこのサイトにおじゃまします!


Posted by フィール at 2006年12月22日 12:34
はっきり言って煙草は嫌い、佐々木さんのご意見にうんうんとふか〜くうなづく1人ですが、山口美穂さんの投稿を見てはっとさせられました。そうですよね、私も家でそういう面もあるのだと注意しながら、子供と煙草の話をしようと思います。
Posted by さるすべり at 2006年12月21日 10:12
自分の意見を持ち、発表し、他の人の意見を聞き、話し合いを進めて前に進んでいきたいと思います。
どんな場面でも、時代でも「問題」は生まれてくるものでしょう。その「問題」に対してどう向き合い、何をなすのがよいのかを考えなければなりません。
地球に生まれ、人間として、日本人として何ができ、どんな世の中がいいのかということは、ほとんどの方が既に子どもの時代に感じえる普遍的なものでしょう。
一人一人ができること。家族でできること。クラスのみんなでできること。大企業で出来ること。考えること。行動することをしましょう。
どうか次の世代も何世代もずっとずっとすべてのものたちが安心して楽しく生きていけるようにと願います。
Posted by ため at 2006年12月18日 22:53
一昨日、昨日と京都大学で禁煙科学学会 学術総会があり、勤めている大学での2年間の喫煙対策の成果を発表してきました。
他の企業や大学、開業医の先生たちの喫煙に対する取り組みもとても参考になりました。
学会の中で強調されていたのは小学生からの禁煙教育の大切さです。
ここで交わされているような皆さんの意見が大きな渦となって、企業の方向性を変えていけるような力になるといいですね。
Posted by サンセール at 2006年12月18日 21:45
皆さんの真剣な意見交換はよくわかります。ただ、誰でもアクセスできるこのページは、偶然にも誰が読むのかわかりません。議題を変えるようで恐縮ですが、JTで両親が働いているお子さんがこのページをみて、悲しい思いをされたら、気の毒ではないかと思ったのです。また、これをみて、心無い人が、「あなたのところのお父様、JTで働いているの?悪い会社じゃないの?」という会話がでてこないとも限りません。 喫煙は、もちろん私も反対ですが、実際、練馬の小学校で消費者金融に努めるお父さんを理由に、いじめに合ったことがあったので、書き込みました。
しかし、皆様の真剣な意見交換ですね。余計なことでした。
Posted by 山口美穂 at 2006年12月18日 17:15
なぜ、皆さんが真剣に意見交換している主旨がわからないのか疑問です。喫煙が喫煙者の健康にも周辺にいて間接的に煙を吸い込むだけでも害があり歩行禁煙は子供にも火種が当たり事件にもなっています。なのになぜこの意見交換を避けなければいけないのか?上記コメント全く残念でなりません。
Posted by rufuszep at 2006年12月18日 15:01
JTでご両親が働いているお子様もいらっしゃいます。 特定の社名を出しての意見交換をこの場でするのは、避けた方がよろしいかと思います。 
Posted by 山口美穂 at 2006年12月18日 12:44
はじめまして。

本当に疑問ですね。素人考えでも、これからもタバコ産業は縮小しかないとわかります。JTのような大きな企業の経営者の判断がこれでは、う〜ん、日本の将来が心配です。

私はタバコは吸いません、というより他人が横で吸っているだけでも、気持ちが悪くなるので、いつも禁煙席があるお店にできるだけ行くようしていますが、今は公共の場ではどうしようもないので、日本も早く公共の場での全面禁煙になるといいですね。
Posted by GLOBE at 2006年12月18日 09:11
久々にコメントします。
私は、需要があるところに売っていく戦略だと思いました。タバコは健康に害がありますが、悪いものではないと思います。
お酒も健康を害しますが、それはどうなのでしょうか・・・。タバコもお酒も吸いすぎと飲みすぎがいけないのです。
企業の生き残りかけた選択ですので、仕方がないと思います。2兆円というのにやはり反応してしまうのではないのでしょうか・・・。景気回復していないのに実感していない私は、やはり他に使うことないとは思ってしまいますが・・・。
Posted by パステラ at 2006年12月17日 17:02
はじめてコメントさせて頂きます。
タバコを吸わない私にはサッパリ共感出来ない行動です。
金額もさることながら・・・
『経営は芸術』足り得ると自負していますが、これではとてもとても。。。
今後の行く末を見てみたいです。
Posted by 遊び人みっちゃん at 2006年12月17日 12:49
結局はJTの「T」へのこだわりが手放せないんでしょうね。社名が日本たばこ産業ですから。
私の周りを見ても、喫煙する人の方が圧倒的に少なくなりました。「えっ?まだ吸ってるの?」という空気さえ感じます。

会社としても、大変苦心した結果だとは思いますが、巨額の資金を使ってまでも貫徹するものなのか、私にはよくわかりません。
Posted by スイーツ at 2006年12月16日 17:46
私も同感です。
なぜそんなに巨額の資金を投じる?と思ってしまいます。
買収に使うお金はもっと別のことに使えるはずなのに。
残念です。
Posted by akahai at 2006年12月16日 10:02
全く同感です。斯かる利益至上主義の先に何があるのでしょうか?財務大臣が50%株式保有している企業としての姿勢が問われます。
Posted by rufuszep at 2006年12月16日 09:31