2005年05月31日

早寝、早起き、朝ごはん

 先日、百マス計算で有名な陰山先生と……▼
お話する機会がありました。ほんの少しの会話でしたが、教育へのお考えがわかります。彼の学校では「早寝、早起き、朝ごはん」といってとにかく朝食をしっかり食べることをしているそうです。きちんと食べることで、成績も上がったという成果もあるそうです。朝、百マス計算などの頭のウォーミングアップ。その前に、まず食事でカラダと脳を目覚めさせる。こういった基本的なことから、子どもの前向きな人生、健康な心は育つのですね。
 大人も同じでしょう。しっかり、朝ごはん、食べましょう。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
今週のテーマは、「我が家の朝ごはん」 一日のうちで一番大切とも言われる朝ごはん。栄養的にも大事なのかもしれませんが、朝ごはんをきっちり食べているというのは、一日のリズムを作り始めるために必要で重要とい...
今週のテーマは、「我が家の朝ごはん」【ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]】at 2005年07月25日 08:15
この記事へのコメント
先月私も陰山先生にお会いしました。先生の本を2冊読んでチャンスがあれば是非お会いしてみたいと思い、先生の学校の授業見学と説明会に行ってきました。4年生のある授業ではスピーディな展開に大変驚きましたし、陰山先生の説明会は実践結果とさまざまなデーターを元にしたとても有意義な
内容でした。小学生の大切な生活ポイントは具体的にこんな感じでした。/臾音間は7〜9時間確保(早起きより早寝の方が難しい)朝食は毎日取る(パン食よりご飯食の方が食材を多く取れる点でベター)テレビ・ゲーム等ディスプレイは1日1時間まで(最悪2時間まで)。“生活改善なくして学力向上なし、教育改革とはみんなが元気になること”だそうです。
Posted by 春 at 2005年06月04日 18:24